起業コーチングのメルマガ第12号を発行しました。

1/7より毎週水曜に
配信しているメルマガの第12号を本日、配信しました。

年間で50回、1回1テーマの読みきりで
起業とコーチングに関する経験と知識をシェアしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2009.04.01 No.12 ━
 ■ SPIRITS!                         
 ■ VISION! 「起業コーチング★あなたの強みに気付く50の魔法」
 ■ HAPPY!  
 ■ LOVE!  第13週・12号 発行1,280部(自主配信+まぐまぐ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 いつか起業したい方、週末起業している方、すでに起業した方へ。
 自分の個性を活かして、自分らしい人生を歩みたい全ての方へ。

 これまでに4千人を超える経営者と面談してきたプロ起業コーチが
 これだけは伝えたい!50の魔法(コツ)として、
 毎週1つずつ、すぐに仕事と人生に役立つ問いかけをしていく
 対話型のセルフコーチング・マガジンです。

 起業家の視点×あなたの強みを知ることは、
 営業力・経営力・人間関係力・キャリアのアップに即つながります!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

—【内容】———————————————————

■1.今週の「魔法の問いかけ」
■2.解説とエピソード
■3.今週の問いかけ関連のオススメ本&映画
■4.あとがき
——————————————————————–

■1.今週(第13週)の「魔法の問いかけ」(NO.12)

 「あなたの身体は、どんなメッセージを送ってくれていますか?」

■2.解説とエピソード

 こんにちは!プロ起業コーチの青葉 航です。
 いつもお読み下さり、ありがとうございます。

 今回は、転機に関するお話。
 「身体からの声を聴く」がテーマです。

 あなたは、身体からの声を聴いていますか?

 「Mind(思考)、Body(身体・五感)、Spirit(精神)」の
 3つの領域において、個人の成長を通じ、組織を活性化させる。
 
 私は現在、
 上記のようなミッション・ステートメントを掲げて
 起業コーチングや各種セミナー、ワークショップを
 展開しているのですが、それに至る
 ターニングポイントとなったエピソードをお届けしたいと思います。

 
 今から5年半ほど前、2003年10月のことです。
 
 当時31歳だった私は、
 起業家支援のコンサルティング会社を経営していました。
 
 会社は、異業種交流会の運営から、会員制のお仕事情報サービス、
 さらに起業家向けの立ち上げ支援コンサルティングへと
 事業内容を変えながら成長していました。

 クライアント数は70社を超え、
 私を含めて5名ほどのスタッフで対応していました。 

 立ち上げ期の起業家が対象ですから、顧客対応は無限にあって
 きりがないほどで、当時は毎日終電近くまでオフィスにいて、
 睡眠時間は4時間半~5時間くらいでした。

 そんな生活を2年近く続けたら、
 さすがに煮詰まってきますよね。

 仕事に対するエネルギーも枯渇してきて、
 コーチングを一緒に学んでいた仲間との心温まる時間や、
 個人プロジェクトとして「インスパイアの会」を開催することで 
 なんとかポジティブなエネルギーを充電していた状態。

 いつも睡眠不足で、電車で座ると寝過ごすことがしばしば。
 終点まで行ってしまったことも何度もありました。

 
 「このまま、このような生活をしていていいんだろうか・・・?」

 社長ではあったものの、自分で興した会社ではなかったので
 人事面や給与面など、最終決定権がないことも悩みでした。

 「自分でゼロからやる時期が来ているんじゃないか・・・?」

 コーチングを学ぶ中で、仲間にセッションをしてもらうと

 「自分の好きなことをして、時間を自由にコントロールし、
  思い入れの持てる相手と一緒に、
  クリエイティブな新しい価値を創造している♪」

 そんな、楽しい将来ビジョンが出てくるのです。

 ところが、会社に行くと、
 自分のことを信頼してくれるオーナーやスタッフが居てくれて
 環境としても申し分ないため、
 
 「自分は十分に恵まれている。皆の期待に応えたい」
 という気持ちになって、
 なんとか業務をこなしてしまう自分がいました。

 そんな中で迎えた2003年秋のある休日。
 走っているときに、私は急に転倒したのです。

 足がもつれるような、
 自分でコントロールがきかない気持ちの悪い転び方。
 
 よくスポーツで事故や再起不能のケガをするのは
 こんな感じなのかも、と思わせるような
 背筋の寒くなる感覚がありました。 

 むかしから走るのが好きで、運動神経には自信があったので
 すごくショックでした。

  
 ちょうどその3日後の夜。
 親切な知人の紹介で、整体のK先生とお会いすることになっていました。
 「私の主催しているインスパイアの会で皆に紹介したらいいのでは?」
 ということで、アポイントが入っていたのです。

 当日お会いして、お話を始めた途端に、
 
 「航さん、左のヒザがねじれていますね」
 とK先生が言われました。 

 さらに、印象的な言葉が。

 「腰がねじれて、『逃げ腰』になっています」

 と言われたのです。

 「一生懸命にやっているように見えて、
  実は腰が逃げているので、百パーセントの力が入らず、
  物事が思うように形になりません」

 という解説付きでした。

 私は、心の中の悩みが見抜かれたようで、
 それはもう、ビックリしました。

 そして、不思議と
 ストンと腑に落ちたように納得したのです。

 「ああそうか、身体はちゃんと本心を分かっていて
  それを表現しているんだな」と。

 身体はちゃんと、
 必要なメッセージを送ってくれているのですね。

 睡眠不足であれば、眠気おこしますし、
 運動不足であれば、太って見せてくれます。
 頭痛や腹痛など、痛みも単にサイン、シグナルです。

 ちゃんと意味を読み取って、適切に対処してやればおさまるのに
 無視したり、薬を用いて一時的な処置でやりすごしてしまいがち。

 
 「航さん、早く分かって良かったですね。
  ・・・そのままガマンしていたら、
  1年後には事故や怪我、病気に至るところでした」

 K先生に、そう言われました。

 とはいうものの、そんなに簡単に
 ライフスタイルを変えられるものではなかったです。

 結局、それから4ヵ月後に
 私は社長を辞任してフリーで独立することになるのですが
 その間、いろいろとドラマチックなことが起きました。

 自分の内面の葛藤、人間関係、会社での手続き面など。

 そのあたりのエピソードも
 きっとこれを読まれているあなたの
 お役に立つ部分があると思いますので、
 また別の機会にお伝えしたいと思います。

 今回は、変化を起こすきっかけとして
 「身体の声を聴く」ことがテーマです。
 
 さて、
 あなたの場合は、
 いかがでしょう?

 とくに大きな問題がなく健康なあなたでも
 さらに細かく情報を受け取ることが可能です。

 私もそうでしたが、
 「自分は以前よりも恵まれている。幸せだ。」
 と思い込んでしまうと、
 それ以上に注意を払わなくなりますよね。

 でも、あなたが考えている以上に、
 身体には可能性があって、さらに磨くことで
 新しいステージへの扉が開く場合もあるとしたら・・・?

「あなたの身体は、どんなメッセージを送ってくれていますか?」

 どんな小さなことでも構いません。
 ぜひ、身体からの声に耳を傾けてみてください。

 この機会に、身体に関するさまざまな専門家に
 診てもらうことも併せてオススメします。
 これまでとは違った視点から、
 あなたの人生を観ることができるはずです。

 あなたがあなたらしく、個性的で創造的で
 エネルギーに満ちている状態が続けば、
 やりたいことの多くは
 積み重ねによって実現してくることでしょう。

Facebookページ
NO IMAGE
この記事をお届けした
プロ起業コーチ青葉航のFacebookページを、
いいねしてつながろう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告 336×280




レクタングル(大)広告 336×280




@aobawataruをフォロー

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告 336×280